神奈川県横浜市保土ヶ谷区、1日2名限定、男性アロマセラピストによる女性専用アロマリラクゼーションサロンNINA SMILE(ニナ スマイル)代表蜷川一朗のブログです。

 

NINA SMILEは完全予約制となります。

お電話は施術中等のため出れないことが多くご迷惑をお掛けいたしております。ご予約・お問い合せはメールでのご予約を推奨しております。

 

✉  ninagawaichiro@gmail.com

 

 

横浜市・保土ヶ谷区、戸塚区、をはじめ、南区、中区、桜木町、みなとみらい、関内、石川町、元町・中華街、戸塚、横須賀、鎌倉、藤沢、茅ヶ崎市、川崎、東京都内、埼玉、千葉、静岡、長野などからお越しいただいております。

 

お会いできます事を楽しみにしております。

 

 

横浜市:男性セラピスト:アロマテラピーのお勉強2~具体的なアロマ活用方法

一般的な精油使用方法

1.拡散

今回は一般的な精油使用方法についてお勉強していきたいと思います。

一番の代表的な使い方はアロマポットやマグカップ、ボウルなどに入れて空気中に精油の成分を拡散させるやり方ですね。

たとへばアロマポットに水を張り、精油を数滴たらしてろうそくで温める方法がポピュラーですね。効率良く拡散させるには温めるのがポイントです。

その他にマグカップやボウルなどに熱めのお湯を入れて蒸気で拡散させる方法もお手軽で良い方法です。

精油を精製水などで希釈し、スプレー容器などに入れて拡散させるのも1つのアイデアです。

空間に散布するタイプの芳香剤や消臭スプレーはたくさん市販されていますが、精油を使って自分で手作りするのもおすすめです。

市販のものはどうしても添加物その他の人体にあまりよろしくない成分も入っていますが、手作りならば100%植物性の精油と精製水だけですから安全性は高いです。

注意点としましては嗅覚には個人差があるので常に快適だと感じる濃度を保つことです。

2.吸入

熱いお湯をボウルに注ぎ、精油をたらします。

タオルなどで頭の周囲を覆い、蒸気と共に揮発した精油を吸入する。

ハンカチやティッシュに直接、精油を落として吸入するのも有効です。

揮発した精油の成分を鼻や口から吸いこむ方法は呼吸器系、特に気道のトラブルの改善、風邪などの際にとても有効です。

ユーカリやペパーミントなどのハッカ成分を多く含んだ精油を吸入すれば効果があります。

市販の薬などでは副作用の心配がありますが、精油の成分ならそういった心配もありません。

だからと言って薬すべてが駄目なのではなく適材適所で使うことが大事です。

風邪を引いたら葛根湯がアロマよりも素早く効く場合もありますし。(笑)

注意点といたしましては蒸気吸入の際は、ボウルの水滴から20~30センチ程度離れて、軽い呼吸から徐々にゆっくり吸い込むようにしましょう。

その際、精油が目に入らないように目を閉じて行うようにしましょう。

 

コメントの入力は終了しました。